債務整理 相談

債務整理相談ヘルプデスク|種類や期間、弁護士や司法書士の費用・評判など

債務整理とは

「債務整理」とは、多額の借金を負ったほうが、暮らしを復旧するために、借金の困難を解離或いは、ストップしてもらう施策です。
申し込みとしては、主に「任意整理(示談)」「自己破産(破産・免責)」「個人再生」の3種類があります。

 

いずれの申し込みでも、ではこれまでの貸金事務所との投資を、利息制限法で定めた利回りによって再企画をします。
再企画の結果、残った借金を3〜5クラス(36〜60回)程度の分割支払いで完済できそうであれば、任意整理を行ないます。任意整理で想定が立たないときは自己破産や個人再生を検討していくことになります。
また、利息制限法の定義を超えた利回りで長期間の投資があった場合は、利息制限法に基づく利回りでの再企画の結果、借金が0になり、さらに払い過ぎた利息、いわゆる「過払い金」を取り戻せる可能性もあります。

 

 

 

任意整理とは

任意整理とは、貸金事務所と交渉して借入金費用全体を減らしたり、月々の返済費用を燃やすことで、現在の出費よりも困難を軽くする申し込みです。

 

弁護士が相談役の場合、お客様といった月収出費に回せる額面に関して相談し、事務所と示談交渉をしていきます。
示談商談は、自己破産や個人再生などのように裁判所を通す申し込みではなく、利息制限法の利回りで割り出し直した損害に関して、貸金事務所って、利息の削減や分割頻度に関しまして交渉し、今後の返済目論みをコンベンションで決めていきます。

 

※高い利息で長期返済やる場合は、過払い金が発生することもあります。
※投資があっという間の場合や虚無返済の場合、また、当初からの投資が利息制限法の法定インサイド利回りでの投資の場合等は、事務所との商談が難航したり、あんまり申し込みヤツにメリットがないことがあります。

 

 

任意整理ができる待遇

任意整理をする場合には、まず原則として、安定した資産があることが必要です。また、資産から、絶対生活費を差し引いた額面(可処分年俸)の中で返済を行なっていくため、この可処分年俸を充分に確保できることがよろしいです。

 

可手入れ年俸=資産-生活費(アパート費含む)

 

 

任意整理のメリット・デメリット

メリット@貸金事務所からの催促が留まる
サラ金やクレジットディーラーからの督促は、弁護士に依頼することで止まります。
※貸金業法21条で、貸金事務所は、弁護士や司法書士から引き受け告知を受け取った症例、その後自体に連絡する事は禁止されています。

 

メリットA利息のカットで完済の想定がのぼり、将来の不安も解消されます
任意整理後の出費に関しては、原則として利息をカットするみたい交渉します。その時に決めた返済計画通りに支払っていけば、払った分だけ確実に借金(へそくり)が減っていくので完済時世が明確になります。

 

貸金業法が改訂され、限度金利が下がったといっても、15〜20百分比という利回りではなんだか借金がなくならないという方も多いと思います。
また、いつ完済できるのかわからない返済を積み重ねるよりも、完済の希望が立っていらっしゃる状態で返済していったほうが、毎月の返済に対する精神的な困難も変わります。

 

※事務所や投資内訳にもよりますが、完済までの分割出費頻度の参照は36〜60回(3〜5クラス)です。

 

メリットB申し込みする事務所を選べます
例えば、愛車ローンのように、申し込みを盗ることで代物を引き揚げられてしまうグッズや、職場からの借入のようにアレンジが酷いものを除外することも可能です。

 

メリットC返済期間が長い皆様は過払い金を取り戻せる可能性があります
法定利回りで割り出し直してみたところ、本当はもう返済が終わっていて、しかも過払い金があった、に関してもあります。

 

 

デメリット@信用情報に惨事データベースが登録される
信用情報機関(CIC、JICC、全銀協)に5年間その採録が保管され、その間、新たな借用が難しくなります。また、事務所は信用情報の採録を定期的にチェックしているので、アレンジ対象外(メリットB)としたカードディーラーのカードが使えなくなる可能性もあります。

 

 

デメリットA自己破産、個人再生手続きに比べ、アレンジ後の出費が大変な場合も
法定利回りに引き直して引き下げされた借金とはいえ、原則として借金すべてを支払う申し込みですので、自己破産や個人再生等の法的な申し込みに比べると、期待していたよりも借金が減らず毎月の返済費用もほとんど変わらない、に関してもあります。

 

 

任意整理手続きの成り行き

任意整理は、弁護士と貸金事務所との示談商談にて進められます。
示談商談は以下のような流れで行なわれます。

 

1.暮らしペース(合計ペース)・利益ときの感覚
2.弁護士に申し込み
3.投資軌跡の取得
4.利息制限法に基づく割り引きアジャスト企画
5.示談商談
6.返済努力

 

 

 

 

自己破産とは?

自己破産とは、裁判所を通じて財貨を清算し、借金をストップしてもらうことです。一般的に、「破産手続きをとれば借金がストップ変わる」といった認識されることが多いですが、厳密にはまさしくありません。一般的に仰る破産手続きは、「破産」という申し込みという、「免責」という申し込みに分けられます。破産手続きは、財貨を手入れ(換価=現金化)して債権者に配当始める、という申し込みです。
でも残ってしまった借金をストップしてもらうのが、免責手続です。

 

つまり、自身の資産では返済を継続することができなくなり、処分しうる財貨を処分しても、でも払い切れない借金が残ってしまったら、それをストップしてもらいます。この2つの手続きは、基本的にセットで得るため、破産・免責手続を、単に「破産」って呼ぶことが一般的になっています。

 

 

自己破産のカタチ

自己破産は、他の債務整理(任意整理、個人再生)の2つの申し込みと違い、消費責務をストップしてもらう申し込みです。しかし、消費責務をストップしてもらう以上、ではめぼしい財貨があれば処分する必要がありますし、また、借金を作ってしまった導因を仰ることもあります。

 

 

めぼしい財貨とは?
ここで言う「財貨」ですが、破産手続き上述、主に以下のようなものが専門とされることが多いです。

 

 

破産手続き上述財貨の対象となるグッズ

 

・高額なお金(100万円以上※)
・高額な貯え
・不動産
・愛車、バイク
・保険等の積立対価(解消返戻)
・離職対価予測費用の一部
・未回収のローン対価、など

 

※原則として破産してもお金は99万円まで手元に残せます。そのため、お金が100万円ある場合は時分10000円だけを精算すればいいことになります。

 

その他の財貨
例えば洗濯タイミングや冷蔵庫といった荷物まで手入れ向かうという、たとえ借金がストップされても、その後の暮らしが成り立たなくなってしまうので、原則として手入れの対象外となっています。

 

また、愛車などを持っていても、処分するほどの価値が無いって裁判所が判断した場合は、それを手元に残した状態で申し込みを進められることもあります。裁判所にてその設置が少し変わることがありますが、都内地方裁判所の場合、処分しても20万円に満たないような財貨であれば、手入れはしなくてもよいと判断されます。

 

 

自己破産のメリット・デメリット

自己破産をする症例、その後の暮らしに関して多くの不利益が生じるといった誤解されることがあります。いくつかのデメリットもありますが、実際には、ほとんど生活に影響するものではありません。

 

メリット@免責手続により借入金がなくなり、先々暮らしをするための財貨、お金も残すことができます

 

 

デメリット@信用情報に、自己破産手続きを取った体験が載ります
信用情報に、5〜10クラス、自己破産手続きを取ったという採録が残り、その間は、基本的に新たな借用はできなくなります。

 

 

デメリットA官報で公告されます
官報とは、国々が発行してある新聞のようなもので、人道が制定された症例などに、それを公告するものですが、自己破産手続きを取ると、官報に、手続き内訳や姓名・住所などがアップされます。

 

ただし、お仕事が定期的に官報をチェックしているような会社でない限り、一般のほうがこれを見ることはまず無いと言えます。現実的に、これによって自己破産手続きを取ったことが他の方に知れてしまうという見通しは乏しいと言えるでしょう。

 

 

デメリットB免許に規則がかかります
自己破産手続き時は、特定の免許に規則がかかったり、生業に就けなかったりすることがあります。その種類は多岐にわたりますが、身近なものだと、以下のようなものが挙げられます。

 

 

[自己破産手続き中に就くことのできない生業]

 

・生命保険の客寄せ第三者
・護衛員
・宅地建物投資事務所
・行政書士
・トリップ事業取扱管理者

 

この免許規則は、その職務に対する法律などで定められています。
なお、免許に規則が繋がる時は、基本的に申し込みがまとめるまでとなっていることが手広く、長期間にわたって規則が陥るものではありません。

 

 

自己破産の間違った実感
取り違えされぎみですが、以下のようなものは自己破産しても成果はありません。

 

自己破産を通しても成果のないグッズ
・パスポートの取得
・住民票・戸籍への記入
・選挙資格
・運転ライセンス

 

 

免責手続のファクター

借金をストップしてもらう免責手続では、借金を通してしまった導因を仰ることになります。たとえば、資産が下がってしまって生活費が不足してしまったために借金が膨らんでしまった、という道程であれば、免責されやすいですが、ギャンブルが原因で作ってしまった借金、についてになると、免責され難い、ないしは免責されない、といったこともあり得ます。そんな道程を「免責不許可事由」といったいい、主に以下のようなものが挙げられます。

 

ギャンブル(競馬、パチンコレベル)
換金行為(クレジットで代物を購入して、すぐに転売して仕舞うような行為)名義貸し(皆さんは借金講じる絶対が無いのに、他人のためにカードを作って、それを使わせるような行為)株、先物投資

 

上記のような道程で作った借金は、免責“不許可”事由に当たりますが、絶対に免責されないとも言い切れません。

 

 

 

そんな免責不許可事由があっても、真剣に申し込みに取り組むのであれば、破産手続きを管理する破産管財人の探訪・決心の下「裁量免責」といって免責してくれています。

 

例えば、パチンコで借金を作ったという第三者も
@かつてどれだけパチンコをし、それが原因で借金を作ったのかを正直に申請し、
A現在はパチンコは一部始終やっておらず、
B借金に頼らない健康的な生計を営んでいる
のであれば免責くれるのが普通です。

 

実際申請が不許可になった事例は、財貨を隠したり、裁判所への出頭日時に欠席したりといった場合がほとんどです。

 

 

自己破産手続き後の暮らしに関して

自己破産手続き先々、借金はストップされ返済に追われることはなくなります。

 

しかし、一時的に免許規則がかかったり、新たな債務やクレジットカードの応用などができないコンディションが5〜10クラスほど続きます。そのため、就かれて掛かるお売り買いによってはその売り買いを続けられなかったり、カードが使えないことでクレジット支払などができなくなったりします。

 

 

 

 

個人再生とは

借金に対する法的アレンジとしては自己破産(破産・免責)手続きの知名度が高いですが、いまいち法的アレンジの技として、個人再生手続きがあります。
この手続きは、借金を収れん(引き下げ)し、それを3年間で払うことができれば、剰余はストップ変わるという申し込みです。

 

 

個人再生の種類

個人再生手続きには、「小形個人再生」という「発行年俸ヤツレベル実現」の2つがあります。
この2つでは、返済していく額面(最小弁済額)といった、債権者の承諾の有無に違いがあります。

 

当オフィスとしては、日常返済費用が小さくなる小形個人再生をされるようにお勧めしています。
下部しますが、戦い債権者が過半数になりそうな場合に限り、発行年俸ヤツレベル実現をお勧めしています。

 

 

債権者の承諾が絶対か否か

個人再生手続きでは、借金の一部を返済しないことになるため、手続きの中で、債権者から承諾を得るか、認識を聴取する必要があります。

 

 

小形個人再生の場合

 

債権者の過半数が戦いしないことが必要です。

 

なお、この過半数の戦いがないというためには、単に債権者の人数の過半数が戦いしないだけでなく、損害の過半数の債権者が戦いしないことが必要です。
そのため、例えば5事務所から値段300万を借りていた症例、やがて4事務所が同意したとしても、不承諾だった1事務所から借りていた金額が200万だったとすると、損害では過半数を超えていないので、小形個人再生は認められない、ということになります。

 

発行年俸ヤツレベル実現の場合
債権者の承諾を得る必要がありません。そのため、全ての債権者が実現目論みに戦いしたとしても申し込みを手がけることができます。

 

 

個人再生のメリット・デメリット

 

メリット@貸金事務所からの催促が止まる
メリットA任意整理に比べ、借金の大幅な引き下げができる
メリットB待遇が整えば、アパートを手放さずに申し込みができる

 

 

デメリット@信用情報に、個人再生手続きを取った体験が載る
信用情報に、5〜10クラス、個人再生手続きを取ったという採録が残り、その間は、基本的に新たな借用はできなくなります。但し、任意整理を取った場合でも、その採録が信用情報に最長で5クラス残るため、借用ができないという状況は変わりません。

 

 

デメリットA官報で公告変わる
官報とは、国々が発行して要る新聞のようなもので、人道が制定された症例などに、それを公告するものですが、個人の裁判内訳なども掲載されるため、個人再生手続きを取ると、官報に、手続き内訳や姓名・住所などがアップされます。
但し、お仕事が定期的に官報をチェックしているような会社でない限り、一般のほうがこれを見分けることはひとまず無いと言えます。現実的に、これによって個人再生手続きを取ったことが他の方に知れてしまうという見通しは少ないと言えるでしょう。

ホーム RSS購読